If I feel like it. 〜電車の運転士の日常〜

思いは言葉に。昭和末期生まれ。嫁さん、娘ちゃん、チビの4人ぐらし。日常の考えたこと、レビューなど。

「どうすれば若者はゴルフをやるようになるの?」について、考えてみた話。

お気に入りで見てるサイト、みなさんにもあると思います。

痛いニュース(ノ∀`) 」は自分にとって、そんなサイトの一つです。

そこで、気になった話題を取り上げてみたいと思います。

 

ちなみに、痛いニュースとは・・・

 

2chニュース関係に立ったスレッドから書き込みを抽出し、コピペするアフィリエイトブログの1つ。(略)

 livedoorブログのレベル別ブログランキングでは長らく1位に鎮座中。顔文字からもお察しの通り、全体的に「イタい」内容のニュースを取り扱うが、まれに全く痛くない内容の記事も。(略)

明快さと見やすさがウけて大アクセスブログになった・・・のかは定かでない。
「おバカニュースカテゴリなどは特に考えしに笑えるのだが、政治記事・特定アジア記事・女性問題の記事になると、管理人主観に基づく選レスで、基本的に「右翼・嫌韓嫌中・男尊女卑を右翼・嫌韓嫌中・男尊女卑路線としたレスの抽出傾向になる。

これについてしばしば 「取り上げるレス恣意的すぎる」 「2chスレの原をとどめていない」 「印操作のやり口がマスゴミと大差ない」と批判されるため、そこいらを流せる大人対応の人・軽く笑い飛ばせる人以外の閲覧はお勧めしない。分別の付いていないお子様に見せるのはもっとお勧めしない。

 

dic.nicovideo.jp

 

ニュースに対する「ネットの反応」的なものを、お手軽に見る手段として使っています。

「2ch民はこんな風に考えてるのね〜」、みたいな。

10年以上続いているブログなんですね。

ブログを書き始めた立場となってみて思うと、10年以上続けるってのはすごいですね〜

 

話が逸れました。

取り上げたいのは、今、自分にとっての一番の趣味である「ゴルフ」についての話題です。

f:id:MagicBlackLotus:20171202230056j:plain

どうすれば若者はゴルフをやるようになるの?

 

今回はゴルフ界にとって大きな問題についてお話しします。

少子化とともに、年々ゴルフ人口が減っていることは皆さんもご存じのことと思います。ある調査によると、2016年にゴルフコースで1回以上プレーした人は15年に比べて210万人も少ない550万人だったそうです。実に27.6%の減少。ゴルフ人口はピーク時の2分の1以下になった計算です。

目を引くのは、ゴルフ人口の高齢化です。年代別の構成比は60代が23%、70代は30%。両方の年代を合わせた比率53%を上回るレジャーはゲートボール(63.5%)だけです。別の言い方をすると、ゴルフ人口の半数以上は60代以上だということです。そして25年には、ゴルファーの核をなす層である団塊の世代の人たちが75歳以上となってしまうことになります。

さらに問題なのが「ゴルフをやった」という参加率です。わずか5.5%で、前年から2.0ポイント減っています。特に前年は2ケタだった50代男性(15.8%→8.5%)と40代男性(11.0%→8.3%)が減少しています。これに加えて少子化問題があり、各競技では若い世代の取り込みを懸命に模索しています。このままでは「日本のゴルフ存続の危機」といっても過言ではありません。

日本ゴルフ協会(JGA)でもこうした事態を深刻に受け止めています。ゴルフという年齢・性別を問わず楽しめるゲームに親しんでもらうためには、どうしたらよいのかいろいろ知恵を絞っているところです。特に力を入れているのはどうやったら「若者がゴルフをやるようになるのか」「親が自分の子供にゴルフをさせようと思うのか」「ゴルフを始めた人が辞めずにプレーし続けるようになるのか」です。
 

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23916360W7A121C1000000/

 

運良く、自分の友人にはゴルフ好きが多いので、一緒にラウンドして楽しんでいますが。

スポーツとしての将来を考えると、課題がいっぱいあるでしょうねぇ・・・

 

で、「痛いニュース」でも若者がやらない理由を、若者であろう人たちがレスしています。

ゴルフ、やってない人ばっかりなんですね〜

 

ゴルフで遊んでる身としては、めっちゃ残念です・・・

やっぱり、ネガティブなイメージが先行するんだなぁ、って所が特に残念です。

 

以下、2chの反応に対して、反応してみたいと思います!

 

時間も金も無い上にめんどくさいのにやるわけない 

 

時間ない→そーだよね。ゴルフって下手すると1日がかりなんですよね。

 

金がない→うんうん。他のスポーツより、金はかかるかも。

例えばランニングだったら、靴一足あればいいだけですし。

 

めんどくさい→ルールだったり、マナーだったり、テクニックだったり。

覚えることいろいろあります・・・

 

ヤベェ、反論するの大変すぎる。

 

若者がゴルフに入るとしたら職場の接待ゴルフ(上司含む)だからな 
この時点で心底ゴルフ嫌いになるでしょ

ゴルフ=仕事のイメージを排除しない限り無理だわ

 

これは、確かに。

接待でスタートしてる若い人は苦痛だろうなぁ。

楽しく遊べないと、続けられないですよね。

 

楽しいと感じるまでに金と時間がかかりすぎ

 

そう!楽しいんだよ!

でも、いろいろかかるんだよorz

 

今の時代もっとインスタントじゃないと駄目よ。

学校会社帰りにサクッと遊べるくらいでなきゃね。

 

1ラウンド18ホールってシステムは改善の余地ありですよね。

ゴルフ業界でも「どうにかする!」って考えてるみたいです。

例えば極端な話、3ホールだけでも遊べるようにするとか。

 

簡単に出来ないってのが一番だね。 
しかも難しいし、サッカーみたいにボール蹴ればOKって訳にはいかないからな。

 

どうしてゴルフをやらないか。 

これが、個人的に一番しっくりくる意見です。

ゴルフって、簡単にできないんですね。

 

それでも、自分がゴルフをする理由

 

それは、面白いからに他ならないんですが。

自分の中では、たくさんの面白い理由があって。

 

打ちっ放し、ショートコースとかで、サクッとも遊べるし。

一人でも、みんなでも遊べるってイメージなんですよね、個人的にはゴルフって。

 

自分が楽しんでる遊びを、仕事でも活かせる可能性があるし。

おっさんばかりですよ、確かにゴルファーって。

だからこそ、年上の人とも繋がる手段になると思うんです。

共通の趣味を持って会話できる、いいネタになりますよ。

 

そして何より簡単じゃないからこそ、克服するのが楽しかったりとか。

出来なくっても、悔しいのがまた次回やりたい理由だったりします。

ふにゃふにゃした柔らかいものばっかりで、本当に楽しいの?とも思いますしね。

 

それでも、日本の産業としてはきっとゴルフは衰退する

 

だって、業界として若い人にうまくアプローチ出来ていないですからね。

今までのゴルフ経験者(おっさん、おじいちゃん)に支えられているだけです。

 

もちろん、ゴルフ自体は歴史のある素晴らしいスポーツだと思います。

中世の時代から続いてて、こんなに世界的にメジャーなスポーツって。

それだけゴルフが人を魅了してきたってことでしょう。

 

ただし、「現代の若者」に「やってもらいたい」と勧めるならば話は別です。

趣味なんて、やりたい奴がやりたいように楽しむのがスジだと思いますけどね!

 

若い人にアプローチしたいなら、散々出てる改善点を、業界が本気で取り組まないと。

 

・キッカケを増やす

・手軽にできる

・お金がかからない

・短時間でもできる

・簡単なルールにする

 

そんなゴルフだったら、やってもいいかなと思ってくれるはず。

 

元記事では、まずスター選手の排出を!なんて言ってるけど、見当違いだと思います。

だって、世界的に活躍してる若い選手、ちゃんといるじゃないですか。

松山英樹選手、石川遼選手、宮里藍選手 とか。

プロゴルファーが稼げることも、みんな知っていますよ。

 

例えばフットサルが流行ったのって、サッカーをさらにお手軽に出来たからだと思うんです。

別のスポーツですけどね、フットサルとサッカーって。

 

そんな感じで、ゴルフも何か進化できたらいいのにな〜と感じます。

やってみて、楽しさを感じてみて欲しいと常々思ってます。

 

仲間が増えるのは、嬉しいことですからね。

まとまらない話になってしまいましたが。

それでは、気が向いたら、また。