If I feel like it. 〜電車の運転士の日常〜

思いは言葉に。昭和末期生まれ。嫁さん、娘ちゃん、チビの4人ぐらし。日常の考えたこと、レビューなど。

ふるさと納税をやろう! 初めての人でも大丈夫、おすすめの方法

今年も残す所、1ヶ月ちょっと。

ふるさと納税は、もうお済みですか?

 

我が家はまだ20%くらいしか進んでいません!

年末までにしっかりと枠内で使い切らないと・・・

 

みたいな話を、職場のふるさと納税好き同士で話をしていたら

「それって話題だけど、いまいちよく分からない」

「どんな仕組みになってるの?」

なんて、知らない人から聞かれました。

 

これだけ話題になってて、こんなにお得な制度なのに!

やらないのは、メチャクチャ勿体ないですよ!!

 

職場の先輩に「レポート書いてきてよ!興味はあるんだけどさ」と言われました。

うん、ブログにとりあえず書いてみましょう。

ふるさと納税、やる気にさせてみましょう!

f:id:MagicBlackLotus:20171128163948j:plain

ふるさと納税、未経験者の理由

 

news.mynavi.jp

 

去年の記事ですが、概ね理由に変化はないのではと思います。

 

1. 申し込みの仕方がよくわからない

2. 確定申告が面倒

3. 制度がよくわからない

4. どこの自治体にしたらいいか分からない

 

確かにね〜。

自分も始めたのは去年からです。

理由は、いろいろよく分からなかったからです!!

 

でも、やってみたら意外と簡単だったし、仕組みも少しずつ理解できました。

解決策をそれぞれ考えてみましょう。

 

確定申告が面倒→しなくても大丈夫な場合があります。

 

確定申告しなくても良い制度を利用できます。

自分もその制度を使って、簡単にふるさと納税しています。

「ワンストップ特例制度」といいます。

 

個人事業主の方は残念ながら使えませんが、サラリーマンならほとんどの人が利用できるはずです。

詳しくはググってください!!w 

 

制度の使い方としては・・・

「ワンストップ特例制度を利用する」と寄付する自治体に申告(チェックボックスがある)

→送られてくる書類を返送!

こんな感じです。簡単でしょ?

 

制度がよくわからない→単なる寄付。でも、お得になる仕組みがあります。

 

自治体に寄付する

→お礼の品が来る

翌年の住民税が安くなる

(ワンストップ特例制度の場合)

 

最後のがミソです。

お金を払って寄付をしますが、安くなるのはあくまで翌年の税金です。

 

「納税」って言ってますけど、実態は「寄付」なんです。

でも、結果的に「税金」が控除されます。

そして、「返礼品」もついてくる! お得ですね。

 

ただし、安くなる寄付額には、上限があります。

また、自己負担金の2,000円は戻りません。

 

安くなる上限金は、下で紹介する専用サイトでも調べられます。

総務省のHPで、目安の一覧もありますね。

 

www.soumu.go.jp

 

例えば上限が50,000円の人は、48,000円が安くなります。

実質2,000円払うと、寄付に応じた返礼品がもらえるってコトです!!

 

10,000円の寄付だったら、牛肉1kgとかもらえるんですよ。

やるしか、なくない?

 

確定申告の場合は、所得税が帰ってくるみたいですね。(やったことなくてすみません)

財布からお金だけなくなるように感じてしまいますけどね・・・

これは我が家に届いた、住民税の通知です。

 

f:id:MagicBlackLotus:20171128161649j:plain

 

昨年は、65,000円分のふるさと納税をしました。

ちゃんと63,000円、控除されてますね!

実際、不安でしたけども!!

 

サラリーマンが積極的にやれる節税だと思います。

今年の締め切りは、12月31日の入金分まで。急がなきゃ!

 

申し込みの仕方がわからない→専用サイトに登録してみるべし!

 

CMでもやっている、ふるさと納税ポータルサイトを利用するのが簡単です。

有名どころは色々ありますが、よく紹介されているのはこの3つに感じます。

 

ふるさとチョイス ・さとふる ・ふるなび

 

自分が主に使っているのは、ふるさとチョイスです。

理由は、返礼品の品数が多いから!

 

それだけ、いろんな種類から選べるってことですね。

かわりに、ちょっと見にくいのがデメリットです。

 

相性の良さそうなサイトに、まずは登録するのが第一歩ですかね。

あとはネットでお買い物する感覚で、返礼品を見てみてください。

バリエーションも色々あって面白いですよ。

 

どこの自治体にしたらいいかわからない→住んでる町でもOK!

 

とりあえず、自分の住んでる市区町村を調べてみましょう。

大抵、何かのお返しの品があります。

 

何もしないでも、同じ納めている税金なんです。

自分の住んでる町に、あえて「ふるさと納税」として納めてみるのも良いかもですね。

自分の町に愛着が持てると思いますよ。

 

で、この「ふるさと納税」の面白いところは、税の使い道を指定できることです。

自分はだいたい「教育・子育て支援」関係に全振りしてます。

積極的に税金に関われるって、なんか新鮮じゃないですか。

 

もちろん、返礼品から選ぶのも王道です。

お肉、魚介、農産品の他にも、家電、チケットなどなど・・・

ランキングで紹介してたり、レビューしてる人がたくさんいるので参考になるはずです。

 

ちょっとは、やりたい気持ちになれたでしょうか?

我が家は、今晩にでも家族会議を開きます!

それでは、気が向いたら、また。