If I feel like it. 〜電車の運転士の日常〜

思いは言葉に。昭和末期生まれ。嫁さん、娘ちゃん、チビの4人ぐらし。日常の考えたこと、レビューなど。

ふるさと納税、駆け込み準備中。まだ間に合う返礼品は?

昨日、ふるさと納税の記事を書きました。

毎年11月末〜12月は、駆け込み納税者が大量にでます。

自分もその一人ですが・・・

 

magicblacklotus.hatenablog.com

 

欲しかった返礼品も、品切れになること多数です。

早くやっておけばよかった・・・

と!!思う前に!!

今、やっちゃいましょう。

 

家族会議を開催するまではしたんですが、結論は先延ばしとなってしまいました。

とりあえず、嫁さんにプレゼンするようなつもりで、今年の狙ってる返礼品をリストアップしてみます。

f:id:MagicBlackLotus:20171128163948j:plain

宮城県都城市

都城宮崎牛贅沢タレ漬1.5kg

宮崎牛ハンバーグとバラエティ3kgセット

 

ふるさと納税額、2年連続の日本一に輝いている都城市

中でも牛肉は大人気です。

職場の、ふるさと納税畜産大臣から教えていただきました。

 

うちは共働きなので「料理が簡単そう」という点もポイント高いです。

 

北海道長万部町

 

・いくらしょうゆ漬け(冷凍)500g

 

10,000円の寄付で500gの返礼品だと、どうやらコスパがいいみたいです。

 

うちの娘ちゃんの大好物、いくら。

回転寿しに行くとまず注文する、いくら。

そんないくらが、モリモリ食べられるなんて!!

なんてお財布に優しいんでしょうか。

 

北海道古平町

 

・たっぷり食べられるたらこ4kgセット

 

これのすごいところは、何と言っても量です。

4kgのたらこ、自分は見たことありません・・・

さすが、魚介ものはやはり北海道!と言うところでしょうか。

 

たらこでイメージするあの楕円の形のやつ、「1本羽」っていうみたいですね。

きれいな形のやつです。

あれが、切れてしまうと「切れ子」というそうで。

これは、いわば「訳あり品」みたいなものですね。

 

でも実際、食べる時や料理する時ってバラすじゃん?

問題ないじゃん?

この量、最高じゃん!ということです。

 

山形県村山市

 

平成30年さくらんぼ(紅秀峰)500g×2パック

 

さくらんぼの場合は、10,000円で1kgが目安みたいです。

 

さくらんぼといえば、佐藤錦が一番人気の品種のようです。

昨年は、我が家も佐藤錦をゲットしました。

とっても美味しかったです!

が、しかし。

痛みが早かったんです・・・なので、急いで食べる羽目になりました。

 

今年は、持ちが良いとされる「紅秀峰」を狙っています。

佐藤錦と比べて身が硬いため、持ちが良いそうです。

食味がよく、大粒なのが特徴だそうで。

あ〜。また、お腹いっぱいさくらんぼが食べたくなってきました。

 

 沖縄県今帰仁村

 

・【2018年7月〜8月発送】先行予約 今帰仁マンゴー(A級品1kg)

 

ふるさと納税フルーツ部門でも常に人気なマンゴー。

いいですよね。

だって、普通に生活してたら、まず食べないですもん、マンゴー。

 

普段は縁のないような食材と出会えるのも、ふるさと納税の良いところです。

で、今から駆け込む際にポイント高いのが、来年発送だ、という点です。

 

季節のフルーツなんで、当たり前といえばそうなんですが。

お肉とか魚とか大量に同じ時期に届いても、正直困りますよね。

うちは古い機種なので、冷凍庫が小さいんです!

時期がずれている分、旬を楽しむことができて、置き場所にも困りません。

 

まとめ

 

ざっと、今チェックしている返礼品をリストアップしてみました。

どれも10,000円前後の寄付金でもらえる返礼品ばかりです。

 

ふるさと納税、やらずに迷うくらいならやってみましょう!

手続きしてからわからないことを調べても、今ならまだ間に合います。

返礼品はこれからあっという間になくなるシーズンになりますよ。

 

我が家も、そろそろ追い込みかけます!

それでは、気が向いたら、また。

ふるさと納税をやろう! 初めての人でも大丈夫、おすすめの方法

今年も残す所、1ヶ月ちょっと。

ふるさと納税は、もうお済みですか?

 

我が家はまだ20%くらいしか進んでいません!

年末までにしっかりと枠内で使い切らないと・・・

 

みたいな話を、職場のふるさと納税好き同士で話をしていたら

「それって話題だけど、いまいちよく分からない」

「どんな仕組みになってるの?」

なんて、知らない人から聞かれました。

 

これだけ話題になってて、こんなにお得な制度なのに!

やらないのは、メチャクチャ勿体ないですよ!!

 

職場の先輩に「レポート書いてきてよ!興味はあるんだけどさ」と言われました。

うん、ブログにとりあえず書いてみましょう。

ふるさと納税、やる気にさせてみましょう!

f:id:MagicBlackLotus:20171128163948j:plain

ふるさと納税、未経験者の理由

 

news.mynavi.jp

 

去年の記事ですが、概ね理由に変化はないのではと思います。

 

1. 申し込みの仕方がよくわからない

2. 確定申告が面倒

3. 制度がよくわからない

4. どこの自治体にしたらいいか分からない

 

確かにね〜。

自分も始めたのは去年からです。

理由は、いろいろよく分からなかったからです!!

 

でも、やってみたら意外と簡単だったし、仕組みも少しずつ理解できました。

解決策をそれぞれ考えてみましょう。

 

確定申告が面倒→しなくても大丈夫な場合があります。

 

確定申告しなくても良い制度を利用できます。

自分もその制度を使って、簡単にふるさと納税しています。

「ワンストップ特例制度」といいます。

 

個人事業主の方は残念ながら使えませんが、サラリーマンならほとんどの人が利用できるはずです。

詳しくはググってください!!w 

 

制度の使い方としては・・・

「ワンストップ特例制度を利用する」と寄付する自治体に申告(チェックボックスがある)

→送られてくる書類を返送!

こんな感じです。簡単でしょ?

 

制度がよくわからない→単なる寄付。でも、お得になる仕組みがあります。

 

自治体に寄付する

→お礼の品が来る

翌年の住民税が安くなる

(ワンストップ特例制度の場合)

 

最後のがミソです。

お金を払って寄付をしますが、安くなるのはあくまで翌年の税金です。

 

「納税」って言ってますけど、実態は「寄付」なんです。

でも、結果的に「税金」が控除されます。

そして、「返礼品」もついてくる! お得ですね。

 

ただし、安くなる寄付額には、上限があります。

また、自己負担金の2,000円は戻りません。

 

安くなる上限金は、下で紹介する専用サイトでも調べられます。

総務省のHPで、目安の一覧もありますね。

 

www.soumu.go.jp

 

例えば上限が50,000円の人は、48,000円が安くなります。

実質2,000円払うと、寄付に応じた返礼品がもらえるってコトです!!

 

10,000円の寄付だったら、牛肉1kgとかもらえるんですよ。

やるしか、なくない?

 

確定申告の場合は、所得税が帰ってくるみたいですね。(やったことなくてすみません)

財布からお金だけなくなるように感じてしまいますけどね・・・

これは我が家に届いた、住民税の通知です。

 

f:id:MagicBlackLotus:20171128161649j:plain

 

昨年は、65,000円分のふるさと納税をしました。

ちゃんと63,000円、控除されてますね!

実際、不安でしたけども!!

 

サラリーマンが積極的にやれる節税だと思います。

今年の締め切りは、12月31日の入金分まで。急がなきゃ!

 

申し込みの仕方がわからない→専用サイトに登録してみるべし!

 

CMでもやっている、ふるさと納税ポータルサイトを利用するのが簡単です。

有名どころは色々ありますが、よく紹介されているのはこの3つに感じます。

 

ふるさとチョイス ・さとふる ・ふるなび

 

自分が主に使っているのは、ふるさとチョイスです。

理由は、返礼品の品数が多いから!

 

それだけ、いろんな種類から選べるってことですね。

かわりに、ちょっと見にくいのがデメリットです。

 

相性の良さそうなサイトに、まずは登録するのが第一歩ですかね。

あとはネットでお買い物する感覚で、返礼品を見てみてください。

バリエーションも色々あって面白いですよ。

 

どこの自治体にしたらいいかわからない→住んでる町でもOK!

 

とりあえず、自分の住んでる市区町村を調べてみましょう。

大抵、何かのお返しの品があります。

 

何もしないでも、同じ納めている税金なんです。

自分の住んでる町に、あえて「ふるさと納税」として納めてみるのも良いかもですね。

自分の町に愛着が持てると思いますよ。

 

で、この「ふるさと納税」の面白いところは、税の使い道を指定できることです。

自分はだいたい「教育・子育て支援」関係に全振りしてます。

積極的に税金に関われるって、なんか新鮮じゃないですか。

 

もちろん、返礼品から選ぶのも王道です。

お肉、魚介、農産品の他にも、家電、チケットなどなど・・・

ランキングで紹介してたり、レビューしてる人がたくさんいるので参考になるはずです。

 

ちょっとは、やりたい気持ちになれたでしょうか?

我が家は、今晩にでも家族会議を開きます!

それでは、気が向いたら、また。

スマホで撮った写真、どうしてますか?

もう世間では、ケータイで撮った写真のことを「写メ」って言わないそうですね!

「メールする」すら使わないんだとか。

今年の春とか夏くらいにバズった話題ですが。

 

高校生の頃、最新機種でカラーになった小っっさい画面で喜んで写真を撮っていたのが懐かしいです。

 

「写真を撮る」「ラインする」

うん、時代ですね。

確かに直接メールでやりとりなんて、しばらくしていないです。

 

カメラ機能も、オマケぐらいの性能から、コンデジ顔負けの実力にまでなってます。

テレビやCMがスマホカメラで撮影される時代ですもんね〜

 

スマホで撮った写真、どうしてますか?

 

自分はとても忘れっぽい性格です。

それもあって、写真を意識して撮るようになりました。

画像で残っていれば、後から記憶が蘇りますしね。

業務的なメモだったり、家族の思い出だったり。

 

スマホだったら、基本的にいつでも持ち歩いていますし。

気がついたらパシャりとやっています。

 

そうすると、どんどん写真が溜まっていきますよね!

管理は基本的にグーグルフォトにお任せしています。

写真は1600万画素以下、動画は1080p以下に縮小されますが、無料で、無制限に利用できるクラウドサービスです。

 

play.google.com

Google フォト

Google フォト

  • Google, Inc.
  • 写真/ビデオ
  • 無料

 

個人情報は、ほぼほぼGoogleに管理されている状態ですね!

 

でも常々、アナログでも残しておきたいな〜、とも思っています。

デジタルデータも便利でいいんですが。

実際に手元に形としてあるものって、好きなんです。

音楽とか、本とかでも。

家族の思い出も、形として残しておきたいなと思っています。

 

写真の場合は、だいたい年1くらいで大量に家族アルバム用にL判プリントをお店にお願いしています。

それと別に、月1で使っているサービスが「nohana」と言います。

スマホで操作すると、ミニアルバムを作れるアプリです。

 

2014年から継続して使っているので、もう3年目になります。

2013年からサービス開始しているみたいですね。

娘ちゃんが産まれる前から使えていたらよかったなぁ。

 

月1冊まで格安で作成できるので、月のノルマみたいになっています。

 

nohana.jp

 

nohanaのミニアルバム

 

f:id:MagicBlackLotus:20171127105754j:plain

 

1冊あたり、中身20枚+表紙1枚の計21枚を選んで、アプリにアップロードさせます。

あとは自動でアルバム作成を行ってくれます。

 

私の場合は、自分好みにトリミングしたりコメントをいれて使っています。

だから、毎月「子供らの写真を21枚以上は撮らねば」というノルマもあります。

写真好きな方は足りないくらいかもしれませんね。

 

でも案外、ちょうどいい量だなと感じています。

たくさん撮った写真の中で、21枚に絞り込むのも中々楽しいです。

あとで見返すときも、このくらいの量だとスッと見られますしね。

 

サイズは14cm×14cmの正方形で、厚みは2mmくらいです。

3年分がたまりましたが、コンパクトなので気に入っています。

 

写真の通り、11月も終わろうというのに、まだ7月分までしか消化できておりません!

 

年1分の大量印刷の方も、そろそろ取り掛からねば・・・

あっという間に11月も終わり、12月、2018年となってしまいそうです。

気を抜いていると、時の流れはあっという間ですね。

 

とにかくこれから、8月分から取り掛かろうと思います。

それでは、気が向いたら、また。